未分類

ヘルペスの治し方は?薬を使うの?

口の端や周りにできている水ぶくれ、この口唇ヘルペスは痛みがあるうえ、感染力が高い厄介な病気です。

そのまま放置して治癒することありますが、重症化してしまった場合、跡になって残ってしまいます。

この記事では口唇ヘルペスの治しかたについて解説します。

ヘルペスの治療法

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで起こります。

症状が治まったあともウイルスは体の中に潜伏し、仕事などの疲れストレス風邪などで体調を崩してしまったときに活性化して再び症状を引き起こします。

口唇ヘルぺスは疲労による免疫低下で再発するため、疲れのサインともいわれています。

ヘルペスは薬で治療が可能です。治療薬は病院で処方されます。また、再発した口唇ヘルペスに限り、市販薬で治療ができます。

市販の治療薬でも、病院の薬と同じような有効成分が含まれているものもあるので、薬剤師に相談してみましょう。

症状が出ている間、患部を触らないように注意しましょう。患部を触った手でほかの粘膜部分を触ると、そこに感染してしまう恐れがあります。

水ぶくれの中の液体には大量のウイルスが含まれています

そして症状が出ている期間に、キス、グラスやタオルの共有をすると相手に感染してしまいます。

かさぶたが気になってついつい剥がしたくなって触ってしまうかもしれませんが、無理に剥がすと再発したり傷跡が残る恐れがあります。むやみに触ったり、無理やり剥がしたりしないようにしましょう。

ヘルペスは感染しても症状がでないことがあります。一方、再発の場合、前兆として患部にピリピリとした違和感をがあらわれるのが特徴です。

再発の人は自覚症状がわかりますが、初めての人はわからず、悪化させることもあります。

発症していなければ特に問題がありませんが、もともとこのウイルスが体内に潜伏している人は、年に1回か2回は再発することがあります。

ヘルペス再発の原因は免疫力の低下です。

季節によって体調が崩れやすい人や、仕事や学校が忙しい時期、不規則な食生活や不眠などが続いた場合は注意しましょう。

普段の生活で不規則な生活を改善することでヘルペスの再発防止につながります。

ヘルペスがよく再発する人は、ビタミンなど皮膚の健康を維持する野菜や果物を中心に、ミネラルやたんぱく質などを食事から摂取しましょう。

ヘルペスは完治しない?

ヘルペスウイルスに一度感染すると完治しません。

口唇ヘルペスの症状自体は、およそ2週間で治癒します。

しかし、ウイルスは一度感染すると、神経細胞に隠れてそのまま体内に残り続け免疫力の低下をきっかけに再発するようになってしまうのです。

ヘルペスウイルスを完全に除去する方法は今のところ存在しません。

バルトレックスやゾビラックスといった治療薬には、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。症状が軽ければ軽いほど、薬の効果も早く効いて、治りも早くなります。

また、バルトレックスはヘルペスの再発防止にも有効です。長期間飲み続けることで、再発する頻度を抑えることができます。

ヘルペスの再発防止には、日常生活を見直すことも大切です。

ヘルペス再発の原因は免疫力の低下です。そのため、身体の免疫力を高めれば再発防止につながります。

免疫力の維持には十分な睡眠や休息、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。

ヘルペスが発症したら、病院を受診し、薬を処方してもらいましょう。また、症状が出ているときはむやみ患部に触れず、タオルやコップの共有を避け、患部むやみに触らないようにしましょう。