未分類

ヘルペスを治せる市販薬について解説

ヘルペスは、性器や口の周りに不快な症状を引き起こし、周囲に感染させるリスクもあるため、とにかく早く治したいと誰もがそう思うでしょう。また、病院に行った方がいいのは分かっていても、忙しかったりしてなかなか行けないこともあるでしょう。

再発した口唇ヘルペスは市販薬で治療ができます。この記事では、ヘルペスの市販薬について解説します。

口唇ヘルペスは市販薬で治せる

口唇ヘルペスは市販薬での治療が可能です。

市販薬はドラッグストアで売ってます。病院で診察や処方を受ける手間がかからないので、手軽に治療が可能です。

口唇ヘルペスの市販薬にはいくつか種類かあります。

口唇ヘルペスの市販薬
  • アラセナS軟膏
  • アラセナSクリーム
  • アクチビア軟膏

口唇ヘルペスの市販薬は、薬剤師によって販売されます。そのため、薬剤師がいる時間帯に買いに行くようにしましょう。

薬剤師が市販薬を使っても問題ないと判断した場合に購入ができます。

薬の使い方についてわからない点があったら薬剤師に聞いてみるとよいでしょう。

再発した口唇ヘルペスの市販薬は塗り薬です。一日に数回、患部に塗って使います。清潔な手で塗るようにしましょう。時間はかからないので、外出先でも塗ることができます。

早めの処置が大切

再発した口唇ヘルペスは早めに処置を始めることが重要です。すぐに治療したほうが治りやすくなります。

再発してから時間が経つと、使用してもあまり効かなかったり、治癒に時間がかかってしまう可能性があります。

飲み薬のゾビラックスとバルトレックスは発症から6時間以内に飲まないと抑制率が20%に下がり、1日経過すると効き目がなくなってしまうとされています。

口唇ヘルペスの再発には前兆があります。前兆を感じたら早めに薬を使うことを心がけましょう。

口唇ヘルペスが再発するとき、患部にチクチクとした違和感が出ます。

口唇ヘルペスは再発しやすい病気です。そのため、一度ヘルペスにかかった人は市販薬を家に常備しておくとよいでしょう。

市販薬はあくまで再発用

市販薬が有効なのは、再発した口唇ヘルペスのみです。初めて発症した場合は必ず病院で処置を受けましょう。

性器ヘルペスに効く市販薬はない

口唇ヘルペスは市販薬で治療できます。一方、性器ヘルペスには市販薬がありません。

性器ヘルペスは他の病気の可能性もあります。自己判断で薬を使って違う病気だった場合、治療が遅れ、症状が悪化する恐れがあります。

病院に行くのは面倒かもしれませんが、自分の身体のためを思って早めに病院を受診しましょう。

病院では飲み薬が処方されます。

痛みを伴うと、歩くのも辛くなり日常生活にも支障をきたすようになります。できるだけ早く時間を見つけて行きましょう。

性器ヘルペスは、口にできるヘルペスよりも再発頻度が高いといわれています。

再発の頻度が多くて生活に支障が出る場合は医師に相談しましょう。

治療薬のバルトレックスは長期間飲み続けることで、性器ヘルペスの再発頻度を低めることができます。